×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

降圧剤と頻尿

降圧剤を飲むと頻尿になったという人がいます。

日中なら問題ないですが、寝ているときにトイレに行きたくなるのはちょっとなんとかして欲しいですね。

ぐっすり眠ることができなくなりますし、寝ぼけてトイレにいく途中で転んでしまったりする可能性もあります。

じつは降圧剤の中には利尿効果のあるものがあります。

尿として水分を体外に排出させることによって体内の血圧を下げようとする薬なんですね。


高血圧の人にとって、降圧剤は健康を守るために必要な薬です。

高血圧は様々な負担を体に強いるため、心臓病や動脈硬化、腎臓病、勃起不全など様々な病気が併発する危険があり、命の危険にも関わる病気です。

血圧が高い時には、降圧剤によって血圧を下げたほうがいい場合がありますが、薬に頼ってばかりいては、いつまでも高血圧を治すことは出来ません。

しかし、薬には副作用も考えられますので、長期的には薬に頼らない改善方法を探すことが重要となります。
例えにプレミネント(一般名「ロサルタンカリウムヒドロクロロチアジド」)について紹介します。
プレミネントとは高血圧症を治療する薬です。

二種類の成分からできている新しいタイプの降圧剤で二種類の成分が一緒に作用することで、効果的に血圧を下げていきます。

主に、高血圧症の治療に用いられますが、降圧剤のなかで優先的に使うことはなく、他の降圧剤では効果が十分に出ない場合に服用することが多い薬です。
摂取方法は1日に1回、朝食後に1錠を水と一緒に服用します。

主な効能は高血圧症の治療に効果があること心臓や腎臓へのダメージを軽くすること尿量を増やすことです。
プレミネントは重い副作用が出ることは滅多にありませんが、頻尿やめまい、身体のだるさ、頭痛などが副作用として出やすいです。

立ちくらみ 、手足のしびれ、けいれん、口の渇き、 食欲不振、便秘、冷感、 など他にも副作用がたくさんあります。

お医者さんからもらった降圧剤もなんとなく飲むのではなくてその作用機序が分かっている方がいいでしょうね。

それに出来ればお薬の量とかも減らしていくように努力していったほうがいいかもしれません。

高血圧を改善するには、毎日血圧をチェックすることがとても大事です。

塩分やお酒などはできるだけ控え、バランスの良い食事を心掛けましょう。
また、適度な運動や十分な睡眠も必要です。




【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)









健康維持