×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストレスと高血圧

ストレスと高血圧には密接な関係があります。

ストレスが血圧を上げる仕組みは、過度のストレスを抱えるとアドレナリンの分泌が盛んになり交換神経が刺激され、心拍数が上がることで血管が収縮して、結果、血圧が上がってしまいます。

ストレスによる高血圧は、生活習慣を見直すことである程度の改善は期待できます。

例えば、ストレスを解消するためにタバコの本数が増えたり、アルコール量が増えてしまうのでは、かえって動脈硬化心筋梗塞、脳梗塞などの命に関わる病気の発症や糖尿病などの生活習慣病を招く確率を高めてしまいます。

このような事態にならないためにも、自分流のストレス解消法を見つけることが大事です。

但し、一言でストレス解消法といっても難しいですね。

まずは、ストレスを溜めないことが大切です。
いつもストレスがあると慢性化して高血圧症になります。

そして、自分の感情を素直に表すことも大切です。
嬉しいときは心から喜び、怒るときはしっかりと怒る。悲しいときは思い切り涙を流すこともよいでしょう。
気持ちを抑え込むことはストレスにつながります。

仕事中だとなかなかそういうわけにはいきませんが、あとでストレス発散しましょう。

気づかぬうちに溜まるものがストレスですが、生活習慣の中に適度に体を動かしたり趣味の時間を取りいれるなどして
リフレッシュすることもよいのではないでしょうか。








健康維持