×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本サイトについて

高血圧で血圧を気にしている人が多いです。高血圧は生活習慣病の1つで心筋梗塞や狭心症、脳卒中などのリスクを高めるといわれています。

血圧の正常値はWHOの正常値の範囲と日本高血圧学会による正常値の範囲では違いがありますが、気にするほどではありません。

血圧は毎日測定しその変化を記録しておくと日頃の自分の血圧の状態が分かります。

高血圧を予防するには食事、運動、タバコ、アルコールなどに気をつけるようにすることが通常行われますね。





血圧の正常値は


血圧の正常値は、2004年12月に改訂された日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン」によると、血圧の正常値は収縮血圧130mmHg未満、拡張期血圧85mmHg未満となっています。

また、140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上が高血圧です。
収縮期血圧を最大血圧、拡張期血圧を最小血圧ともいいます。

血圧の正常値は数年ごとにだんだんと低い数値へと見直されています。みなさんも昔はもっと高い値が正常値だったという記憶があるかもしれません。
これは、心臓病などのリスクが血圧が低ければ低いほど小さいという考え方によるようです。

ちなみにWHOの定義による血圧の正常値は140mmHg/90mmHg未満となっています。日本の基準のほうが少し厳しくなっていますね。

一般に年齢を重ねるにつれて血圧は高くなっていく傾向にあります。
これは加齢による動脈硬化などで血管内の壁にコレステロールなどが付着して血管内が狭くなったり、血管の柔軟性がなくなってしまうためです。

また男性と女性では男性のほうが5〜10mmHgほど高い傾向にあります。
血圧が高くなると脳卒中や狭心症、心筋梗塞などのリスクが高まるといわれており、注意が必要です。



食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。




血圧測定

降圧剤
降圧剤と頻尿
高血圧と降圧剤
降圧剤の種類
降圧剤の効果
降圧剤とED
降圧剤とグレープフルーツ
血圧
血圧はいつ測るか?
血圧測定の方法と注意点
血圧を下げるには
高血圧と糖尿病
飲酒と血圧
血圧を下げる食べ物
高血圧の症状
血圧を下げるサプリメント
ストレスと高血圧
塩分と高血圧
拡張期高血圧とは
高血圧と入浴
高血圧の食事療法
食塩感受性高血圧とは
早朝高血圧と予防
リンク
リンク集1

運営者情報

当サイトはリンクフリーですが、以下にあげるような内容のサイトはお断りします。

・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

【お問い合わせ】
「血圧の正常値を知る」
ovul1@yahoo.co.jp

プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康維持