×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高血圧の食事療法

高血圧と食事には深い関係があります。
血圧計
高血圧で医師から食事療法を薦められている人も多くいらっしゃいます。

高血圧の人が一番注意をしなくてはならないのが塩分の量です。

1日あたり10g未満が理想とされている塩分ですが、実際はこれを超えて摂取している人も多いです。

そして一般に高血圧の人は6g未満の摂取量にしなくてはならないと言われています。

>>電子塩分計

また、外食産業の拡大やジャンクフードの増加に伴い、現代人は食生活が乱れがちになっています。

インスタント食品や脂っぽい食事ばかりを好んで食べていると血圧は上昇してしまいます。

高血圧を予防したり防止するにはバランスよい食事を摂らなくてはなりません。

高血圧の食事療法で欠かすことができない成分がカリウム、マグネシウム、カルシウムの3つです。

カリウムは摂取した塩分を体の外へ排出するはたらきがあり、野菜、キノコ類、海藻類に豊富に含まれています。

マグネシウムには血圧を下げるはたらきがあり、アーモンドや大豆類に含まれています。

カルシウムが不足してしまうと血流が悪くなってしまいます。
カルシウムは乳製品や魚介類、海藻類、納豆に含まれています。


高血圧症はほとんどの場合が、適切な食事療法で改善されます。

高血圧は脳卒中や心筋梗塞など命の危険を伴う病気の原因にもなりますので、高血圧の人は積極的に食事療法に取り組むとよいですね。



>>【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)











健康維持