×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高血圧と入浴

高血圧の人は食事を始め、日常生活において色々気をつけることがありますが入浴もそのひとつです。

高血圧の人が入浴するときは、温度差に気をつけなくてはなりません。

脱衣所は寒い場合が多いですね。
この時、体の血管が収縮していて血圧は高くなっています。
その後、熱い湯船に入ると激しい温度の変化のためにさらに血圧は急激に上昇してしまうのです。

その為に血管に一気に負担がかかり、血管が破裂してしまうと脳出血などが発症してしまうのです。

温泉でお年寄りが亡くなるという事故がありましたが、これも脱衣所と湯船の温度差が原因と言われています。

血圧の更なる上昇で血管が破裂する危険性と同じく、血圧が下がり低血圧になる危険もあります。

長い間湯船に浸かることで今度は血管が開いていくので低血圧になります。

上昇していた血圧が一気に下がってしまうことで眩暈を引き起こしたり、意識を失うこともあるのです。

湯船から出たときに意識が薄れて転倒してしまう事故もこのような理由から起こるのですね。

また、お風呂上りには開いた血管が血圧を降下させると同時に血流を悪くしますので血栓などを起こしやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞などを発症させることもあります。

これらは元々高血圧の人の血圧が急激に下がったときに起こるリスクです。

高血圧の人がお風呂に入るときは脱衣所も温めておく、または湯船に浸かる前にかけ湯をたくさんして徐々に体を温めていくのがよいでしょう。

また、熱すぎるお湯は避けて、38℃〜40℃ぐらいに5分ぐらい浸かるのが丁度良いです。








健康維持