×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高血圧と糖尿病

高血圧糖尿病という人も多いですね。糖尿病になると高い血糖値によって徐々に毛細血管のある臓器や組織にダメージが出てきます。

眼の網膜や腎臓の糸球体というところは小さな血管が集まっていて高血糖が続くと硬くなったり減っていったりします。
眼の網膜にダメージがくると糖尿病性網膜症という病気になり、視力の低下や失明に至ることもあります。
また、腎臓の糸球体にダメージが出てくると糖尿病性腎症という病気を併発します。

この糖尿病性腎症になると血液の水分をうまく排出できなくなるため、高血圧となっていきます。
その場合は利尿薬などの降圧剤を使用します。

特に2型糖尿病の人はインシュリン抵抗性を示し、高血圧だけでなく高脂血症、アディポネクチンが低下による動脈硬化を引き起こすとされています。

高血圧で血糖値が高い人はまず適度な運動バランスのとれた食事を心掛け、血糖値を下げるようにしたほうがいいですね。
そうしないと、腎臓の機能低下によりますます血圧が高くなるので注意が必要です。



>>高血圧・高血糖値の人のための藤城式食事法






健康維持